買い物日記@ドイツ

ドイツ語がまったくわからないままドイツで暮らす主婦。洗剤と柔軟剤の違いはパッケージで判断。いつもネット情報に助けられています。

ドイツでの洗顔&メイク落とし

ドイツでの生活で悩まされたのが水の違い。
肌も髪も日本の軟水に慣れてしまっているので、硬水で肌はカサカサ髪はバサバサに、、、

ドラッグストアを探してもなかなか洗顔石鹸を見つけることができず、ドイツへ来たばかりの頃は日本から持ってきた洗顔石鹸で顔を洗っていました。
が、それがいけなかった!

硬水と石鹸の相性が悪く、泡立ちにくくて肌に石鹸カスが残るらしい。
だから洗顔石鹸が売ってないのかー

ではドイツの女性はどうやって洗顔しているかというと、洗顔しない!
拭き取り用化粧水が主流で、メイク落としや保湿の成分がはいっているものがほとんど。
コットンに含ませて拭き取って終わり!

拭き取り化粧水にメイク落としや保湿の成分が入っていない場合は、

拭き取りメイク落とし→拭き取り化粧水(洗顔がわり)→保湿クリーム
の3ステップ。

とにかく水でバシャバシャと顔を洗うということはしないらしい。

なるほど楽そうでいいなーとおもっていたけれど、
やっぱりお風呂でバシャバシャ洗いたい!
と思って見つけたのがこちら
f:id:choropin:20170409042608j:plain
LAVERAのクリーム状のメイク落とし。5ユーロぐらい。香りもほとんど無臭でクリームの伸びもよくてとても気持ちいい!メイクも落ちるし洗顔がわりにもなる!
でもやっぱりこれでメイク落とした後、なんだかヌルヌルしている気がして石鹸で洗いたくなってしまう、、、。

石鹸カスがが残るのも嫌だしヌルヌルするのも嫌だし、、、ということで見つけたのがこちら↓
f:id:choropin:20170409045516j:plain
日本でも使いたいなと思っていた時期があったな。高くてやめたけど。
ドラッグストアで見つけることができず、薬剤師がいる薬局(Apoteke)で購入しました。14ユーロ。
日本で買うより安いかな?
隣のコットンはドラッグストア dm で購入。

普段は化粧をしたとしてもファンデーション+眉を書くぐらい。たまーにマスカラやアイラインをしたときもBIODERMAならしっかり落ちます。目にもしみないのがいい!

子どもと一緒にお風呂に入っているので洗顔する隙がなく、拭き取って終われるのならちょうどいい!

最近はノーメイクの日はアベンヌウォーターをコットンに含ませて拭き取って、化粧水→乳液。
メイクした日はBIODERMAをコットンに含ませて拭き取って、化粧水→乳液。

本当は拭き取って終わりでいいんだろうけど、化粧水と乳液までしてしまう。
化粧水と乳液は日本に一時帰国するたびに買ってドイツまで持ってきています。

今からあたたかくなって少しずつ乾燥しなくなってくるだろうから、日本に一時帰国する予定はないし経済的にももったいないし、今使っている化粧水と乳液がなくなったらBIODERMAだけでケアしようかな。